弁護士のご紹介Lawyer

密なコミュニケーションで依頼者との信頼関係を築きます。

依頼者の納得が第一

「困っている人のお役に立ちたい」。その思いでとことん依頼者に寄り添うことを大切にしてまいりました。電話やメールのお返事はできるだけ素早くすることで、少しでも不安な気持ちを和らげていただく。張り詰めた雰囲気の中で行われる尋問があった日は、飲みニケーションでリラックス。トラブルの最中にいらっしゃる依頼者が少しでも安心でき、同じ困難に立ち向かうパートナーとして信頼関係を築いていけるよう、密なコミュニケーションを図っています。

裁判の結果は、勝つこともあれば、どうがんばっても負けてしまうこともあります。それでも、全力で闘いぬき、結果に納得することができれば、きっとその問題に区切りをつけることができるはず。そうして新たなスタートを切る依頼者をサポートしています。

ふたたび前を向いて歩き出せるように、ともに闘いましょう。

弁護士 安富 真人

主な経歴

1971年生まれ
茨城県出身
1994年 3月
(株)常陽銀行入行。主に営業および融資業務に携わる
1996年 1月
(株)常陽銀行退職。司法試験開始
1998年10月
司法試験第二次試験最終合格
1999年 4月
最高裁判所司法研修所入所(53期・東京修習)
2000年10月
坂井秀行法律事務所(現・ビンガム・マカッチェン・ムラセ外国法事務弁護士事務所 坂井・三村・相澤法律事務所)入所(東京弁護士会)
千代田生命保険相互会社(現・AIGスター生命(株))会社更生管財人補佐、マイカル民事再生申立代理人団等を務める。
2001年10月
横浜弁護士会へ移籍。村田恒夫法律事務所入所
2005年 3月
みなと綜合法律事務所設立(共同パートナー)
2005年 7月
横浜市建築審査会専門調査員に就任
2006年10月
安富総合法律事務所設立

趣味

  • スポーツ全般(スキー・スキューバダイビング等)
  • 旅行
  • 食べ歩き
  • 映画
  • 読書
  • 麻雀